ホーム»ニュース»

池袋コミュニティ・カレッジ新規講座開講のお知らせ

園芸探偵、登場!~2時間ドラマより面白い?! 2時間講座~

今春4月より、池袋コミュニティ・カレッジにて、新規講座を開講することとなりました。9月までの半年間の定期講座です。

今回の講座は、すべて座学です。座学のみの定期講座は、今回初めての試みとなります。スライドフィルムやデジタル画像を上映しながら講義を進めたり、実物をお見せしながらしくみについてお話したり・・・これまで開催した講座とは一線を画し、新境地に挑みます。
「視覚的に訴え、心で感じてもらう」そんな講座を展開予定です。

今回の講座タイトルとサブタイトルは「今までにないPRを」という大方針のもとで考え出されたものです。インパクトのあるタイトルで、どんな講座だろう?と思わず考えてしまう、素晴らしいタイトルを講座担当の方が付けてくださいました。

園芸探偵、登場!
~2時間ドラマより面白い?! 2時間講座~

講座内容
美しく飾ることだけが園芸の楽しさではありません。この講座は「深く知ること」の入り口をみなさんに知っていただくプログラムです。様々な植物からお題を取り上げた各論や、学名、花産業、植物の適応力、プラントハンターや育種など、「あなたの知らない園芸界」のミステリーを徹底解説します。

4月:スイセンとチューリップ
6月:野菜の故郷
7月:花産業と学名
8月:植物の適応力
9月:プラントハンター~育種

4月の講義概要
春の代表的な球根類であるスイセンとチューリップについて、花のスライドを紹介しながら、分類や配色記号、品種改良の歴史などを紹介します。特にスイセンは日本ではチューリップよりも人気が劣りますが、もっと普及してほしい植物です。今回はスイセンのスライドを重点的に、これもスイセン!?と驚くようなものまで紹介したいと思います。

6月の講義概要
我々が普段口にする野菜の中で、日本が起源の野菜は一体いくつあるかご存じでしょうか。現在栽培され流通している野菜は、どこかの国の野生種を、食用を目的に改良されてきました。そんな野菜の故郷について学習します。
その中から、夏野菜(トマト、ナス、ピーマン、キュウリなど)をピックアップし、植物自由区で生産したオモシロ野菜の品種画像を紹介予定です。

7月の講義概要
みなさんが園芸店で購入する植物は、一体どのような流通を経てお店に並ぶのかご存じでしょうか。植物の値段や価値はどのように決まるのでしょうか。
花産業も多様化し、異業種からの参入も多くなってきました。「産業」という視点で花を見て、今までと違う考え方で「花」を楽しむアイディアをお話しします。

8月の講義概要
寄せ植えのイロハが書かれた本に必ず出てくる「植え込む植物の性質を合わせて」というフレーズ。それってどういうこと?
植物にも生きる力があります。植物版:郷に入っては郷に従え・・・植物の生存競争についてお話をしたいと思います。

9月の講義概要
季節ごとに様々な植物が並ぶ園芸店。生産する人がいなければ、その植物は手に入りません。しかし、生産する人がいれば植物が手に入るわけではありません。
世界の野山を駆け回るプラントハンターという「必殺!仕事人」の存在をご存じでしょうか?ここからすべてが始まります。
園芸品種は人間が作り出したものです。品種改良の結果、我々は様々な美しい植物を目にすることができるのです。
最後の講義は、花のロマンを追い求めるプラントハンターと、花の芸術家である品種改良・育種家についてお話をします。
4月からの一連の流れとして、品種改良と育種家のお題は「スイセン」で締めくくりたいと思います。

講師:植物自由区 代表 片山 陽介

場所:池袋コミュニティ・カレッジ
〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店別館(旧イルムス館)8・9階
03-5949-5481(「花の学校」担当・志田さま)

日時:第3土曜日(月1回) 13:00~15:00
4月17日、6月19日、7月17日、8月21日、9月18日(全5回)

受講料:15,750円(税込み、6カ月・5回)
材料費:2,625円(税込み、6カ月・5回)

税込合計:18,375円

受講者の持参品:筆記用具など

講師(片山陽介)プロフィール
千葉大学園芸学部園芸別科修了
寄せ植え講座、浜名湖花博等の植物調達監理業務等、活動は多岐
視点を変えて植物に接する講座はアマチュアやプロフェッショナルから支持を得ている

詳細・お問い合わせ・申し込みは「池袋コミュニティ・カレッジ」まで

「池袋コミュニティ・カレッジ」

※【植物自由区(しょくぶつふりーく)】では、問い合わせや申し込みは受け付けておりません。

1day公開講座
謎の野菜の正体をあばけ!~不思議な色や変な形の野菜たちを、植えて育てて・・・食す!~

池袋コミュニティ・カレッジにて、1日だけの特別公開講座(「謎の野菜の正体をあばけ!」)開催のお知らせ

池袋コミュニティ・カレッジにて開講の定期講座「園芸探偵、登場!」の講座と連動した企画、1日だけの特別講座が開催されます!!

定期講座は、会員のみの講座となりますが、こちらの講座は会員以外のどなたでもご参加できる、1日だけの特別講座です。

定期講座の6月は、野菜についての講義を行いますが、その関連講座としてスペシャル企画をご用意しました。

野菜について深く知り、ちょっとだけ農業分野にも目を向けてみませんか?
そして最後は実習です。どんな実習かはお楽しみ!
6月19日は・・・野菜と向き合う1日です!!

1day公開講座
謎の野菜の正体をあばけ!
~不思議な色や変な形の野菜たちを、植えて育てて・・・食す!~

講座内容
なんだこれー?! と誰もが叫ぶ、不思議ちゃん。植えて、育てるうちに愛しくなっちゃいます。でも、最後は情け容赦なく・・・食べるんです。
講師:植物自由区 代表 片山 陽介

場所:池袋コミュニティ・カレッジ
〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店別館(旧イルムス館)8・9階
03-5949-5481(「花の学校」担当・志田さま)
日時:6月19日(土) 15:30~17:30(1日だけの特別公開講座)

受講料:会員 6,615円(税込み、花材費込み)
一般 7,140円(税込み、花材費込み)

受講者の持参品:筆記用具、エプロン、薄手の手袋(汚れ防止)、持ち帰り用袋など

講師(片山陽介)プロフィール
千葉大学園芸学部園芸別科修了
寄せ植え講座、浜名湖花博等の植物調達監理業務等、活動は多岐
視点を変えて植物に接する講座はアマチュアやプロフェッショナルから支持を得ている

詳細・お問い合わせ・申し込みは「池袋コミュニティ・カレッジ」まで

「池袋コミュニティ・カレッジ」

※【植物自由区(しょくぶつふりーく)】では、問い合わせや申し込みは受け付けておりません。

カテゴリ:ニュース