ホーム»販売商品»

クロコスミア ‘ソルファタラ’

Crocosmia

以前はモントブレチアという属に分類されていました。ヒメヒオウギスイセンという名前でも親しまれているクロコスミアですが、夏の暑さに負けず咲くという点で、とても利用価値の高い宿根草と言えます。
日本では、限られた園芸品種しか手に入りませんが、世界に目を向けると、実に様々な園芸品種が存在することに気が付きます。

ク</p

【画像:開花期の様子】

その中でも、異色の品種、ソルファタラをご紹介します。葉の色が何とも言えない鈍い色をしているのが特徴です。園芸の世界ではこういう葉の色を「銅葉」と表現するのですが、銅ではなく、濃げ茶に近い色をしています。
グラジオラスの葉を醤油で煮詰めた感じ・・・そんな表現がピッタリ!明らかに緑ではないことがお分かり頂けるでしょうか。またステキなことに、花の色が少し暗めの黄色。葉の色と花の色がとても素敵に組み合っている植物です。
耐寒性耐暑性ともに抜群で、放任で毎年良く増え、たくさんの花が上がります。探している人にとっては、まさに夢のような出会い!

販売情報
規格 12cmポット 
単位 1ポット 
価格 1000 円 
備考  

カテゴリ:販売商品