ホーム»販売商品»

アカンサス スピノサス

Acanthus spinosus

約30種が存在するうちの1種です。アカンサスと言えば、Acanthus mollis(アカンサス モリス)が流通も多く有名ですが、今回ご紹介するアカンサス スピノサスは、モリスと違い葉が深裂し、光沢があります。


コリント式建築の柱の頭部に文様化されている植物はこのアカンサスなのですが、モチーフになっているのは実はこのスピノサスなのです。
コリント様式とは、ギリシア美術史で前8世紀から前6世紀にかけてコリントス地方に見られる美術様式をコリント様式またはコリント式と呼ぶ場合もありますが、一般には古代ギリシアの建築史で列柱の様式を指します。
数あるアカンサスの葉の中でも、A. spinothusは質感、形とも一番美しい種類ですが、流通がなく、なかなか手に入れることができません。
今回販売の株は、18cm硬質ポットで養生した大株です。来春、葉の展開する勢いは見事になるでしょう!

販売情報
規格 10.5cmロングポット 
単位 1ポット 
価格 1000 円 
備考  

カテゴリ:その他, 販売商品