ホーム»販売商品»

ジニア ハゲアナ ジャジーミクスチュア

Zinnia haageana Jazzy mixture

メキシコヒャクニチソウの新しい品種です。とても美しい表情を持つジニアです。

植物自由区の扱う色は、原色鮮やかなものもありますが、茶や黒、灰色などの独特の雰囲気をもつものが多いことはこのwebサイトをご覧になれば、多くの方が感じることと思います。このような独特の色彩の育種(品種改良)を得意とする会社が、オランダのサヒン社(Sahin・・・サヒン・ザーデン株式会社)です。2007年9月20日、タキイがサヒン社株式の100%を取得して買収しましたので、現在はタキイの傘下に入っています。
サヒン社は、キース・サヒンおよびエリザベス・サヒン夫妻によって1982年に設立されたオランダの草花育種、販売を専門とする会社です。

先ほども触れましたが、従来の品種にはなかったユニークで新規性を持った品種を、育成発表することが有名で、例えば植物自由区が定番として取り扱う品目・品種で申し上げると、ビオラ フローラルパワーシリーズ、ホビットシリーズ、フォーシーズンシリーズ、
スイートアリッサムのアフロディーテシリーズ、ストックのシンデレラシリーズ、コリウス ジャイアントエキシビジョンシリーズ(黒葉のパリサンドラが有名)、ニゲラ アフリカンブライド、スカビオサ ファタモルガナ、スノーメイデン、オックスフォードブルーなど多数です。


このジャジーミクスチュアは、サヒンが2009年に発表した品種で、これまでのメキシコヒャクニチソウの園芸品種(例えばハゲアナの品種群は、ソンブレロ、オールドファッションドミックス、オールドメキシコ、アズテックサンセット、ペルシャンカーペットなど)とは花の雰囲気が異なります。
草丈30cm前後、春から霜が降りるまで連続して開花し、夏秋の花壇植物として優れています。特に気温が下がる秋は花の色が濃くなり、春夏の色とは異なり艶のある色彩になります。
花の大きさは3cm前後と、Zinnia angustifolia(linearis・・・ホソバヒャクニチソウ)よりも少し大きなサイズです。
ミックスのため、花色の指定は致しかねます。

販売情報
規格 10.5cmポット 
単位 1ポット 
価格 250 円 
備考  

カテゴリ:その他, 販売商品