ホーム»販売商品»

サルビア スプレンデンス ‘バンヒューティ’

Salvia splendens ‘Van Houttei’

サルビアと言えば赤い花・・・そう、通称「赤サル」。赤サルは夏の花・・・?
そういえば、92年にドラマ「親愛なる者へ」の主題歌になった中島みゆきのシングルCD「浅い眠り」のジャケット写真は、燃え立つようなこの赤サルの花が大量に写っていましたっけ。

サルビア スプレンデンス ‘バンヒューティ’

サルビア スプレンデンス ‘バンヒューティ’

スプレンデンスの野生種はブラジルですが、現地では高さが3mほどに伸びる大型の草です。木によりかかりながら大きくなります。
そんな大きなサルビアも、長い年月を経て、小さくコンパクトに改良されました。私が小さいころに見た赤サルは、今の品種ほど小型化しておらず、1m近くまで伸びるものが多かったと記憶しています。
バンヒューティは、そんな野生種の風情を残した、大型になるスプレンデンス種の園芸品種です。深いバーガンディ色の花は、気温が下がる秋からが見事!息をのむほどの美しさです。もちろん、切り戻しをすれば、小さな状態(20cmぐらいで)花を咲かせることもできます。
あまり大量に出回る植物ではないですが、毎年秋にはこの花に出会いたくなる・・・花を見た瞬間から、あなたもきっとそう思うようになるはずです。

販売情報
規格 9cmポット 
単位 1ポット 
価格 400 円 
備考  

カテゴリ:その他, 販売商品