ホーム»販売商品»

マリーゴールド シングルレギオンオブオナー

Tagetes ‘Single Legion of Honor’

150年以上前のフランスの品種です。品種名のレギオンオブオナーとは、1802年にフランスでナポレオン1世が制定した、最高勲章「レジヨン・ドヌール勲章」(Légion d’honneur)にちなみます。軍功や文化に功績のあった人に授与される勲章の、その勲章のマークに似ているということでついた名前だそうです。


マリーゴールドは品種も多く、現在はフレンチ、アフリカン、メキシカン、それらの交雑種が流通しています。
このマリーゴールドは、フレンチタイプに分類されます。フレンチタイプのマリーゴールドは、気温30℃を超える日が続くと、真夏に花を休める傾向にありますが、このシングルレギオンオブオナーは盛夏も咲き続ける優秀な品種です。
気温の下がる秋に咲く花は、花色に深みが出ますので、さらなる美しさが期待できるでしょう。
一重咲きのフレンチマリーゴールドは、通常、舌状花は4~6枚程度ですが、このシングルレギオンオブオナーは舌状花が7~8枚と通常のものより多いのも特徴です。
株が疲れてくると、舌状化の枚数が少なくなりますので、追肥をしたり花がらをつんだりして、草勢回復に努めてください。
基本的には放任で晩秋まで開花する植物です。

販売情報
規格 9cmポット 
単位 1ポット 
価格 200 円 
備考  

カテゴリ:その他, 販売商品